猫のフィラリア症

フィラリア症といえばワンちゃんの飼い主様にはとても馴染みのある言葉かもしれません。

 

実はネコちゃんにも寄生し、場合によっては突然死を引き起こしたりすることがあるのです。

 

 

フィラリアとは蚊が媒介する寄生虫で、蚊に刺されることで感染します。

 

ネコちゃんの体内に入り込んだフィラリアの幼虫は本来の宿主ではないため、その大半は死滅してしまいます。

しかし、生き残った幼虫が血管の中に侵入し、さらに心臓に到達し、成虫まで成長していきます。

 

ネコちゃんの症状は、咳、嘔吐、食欲不振の他、重篤な肺障害や突然死をもたらすこともあります。


「ウチは外に出ないから…。」なんて思っている方、最近の研究では家庭で飼育されているネコちゃんでも10頭に1頭の割合で寄生が認められたという報告もあります。そのうち約4割は完全な屋内飼育だったそうです。


フィラリア症はワンちゃんと同じように、1ヶ月に1回予防することが大切です。


当院では、背中につける液体のお薬をおすすめしています。一緒に、ノミの予防と消化管に寄生する猫回虫の駆除もできるので安心です。

 

ご自宅でも簡単に使用することができるお薬ですので、ぜひ一度ご相談ください。

 

院長 長岡