ウサギの臼歯過長症

新習志野どうぶつ病院で、ウサギちゃんの麻酔下での処置がありました。


この子は食欲不振のため口腔内検査を行った所、重度の臼歯過長が認められました。(写真は右上の臼歯です)


ウサギちゃんの歯は、ワンちゃんやネコちゃんと異なり、常に伸び続けます。そのため噛み合わせが悪いと、臼歯がトゲのように伸びてしまい口腔内を傷付け、慢性的な口内炎を引き起こします。



このウサギちゃんは麻酔がかかった状態でトゲ状になった歯を削りました。


口の痛みが取れて、日毎に食欲も回復しているようです。


院長 長岡