猫の潜在精巣

猫ちゃんの飼育頭数が増えているというニュースを耳にしますが、お家で飼われている猫ちゃんのほとんどの子が去勢手術をされていることと思います。

 

 精巣は産まれてくる時にはお腹の中にありますが、成長とともに陰嚢に移動していきます。 

 

手術適齢期の生後半年くらいには2つの精巣が陰嚢の外から触って確認できるようになっている事が多いです。

 

これがうまく移動できずにお腹の中や途中で留まってしまうものを“潜在精巣”と呼びます。この潜在精巣は腫瘍に変化するリスクが非常に高いので、早くに手術で摘出する必要があります。

 

今回は比較的珍しい猫ちゃんでの潜在精巣の手術がありました。

 

(※摘出した精巣の写真です。苦手な方はご注意ください)

 

左右を比較すると大きさが全く異なるのが分かると思います。

 

こんなに小さいのですが、病理学的検査で精巣や精管が確認できました。

 

今回手術をした猫ちゃんは抜糸も無事に終わり元気に過ごしています。病院も嫌いにならなかったようで飼い主様とホッと一安心しました。

 

院長 長岡