新しい薬の院内セミナー

今日は本院でスタッフ向けの院内セミナーがありました。

今年から新しく使用している、フィラリア・ノミ・マダニが一度に予防できる新しい薬についての内容です。

 

たくさんの方に新しく使用してもらっていますが、目立った副作用の報告もありません。喜んで美味しく食べてもらっています。

 

今回のセミナーでも出てきたのですが、“SFTS”という病気はご存知でしょうか。“重症熱性血小板減少症候群”という長い名前の病気なのですが、マダニが媒介する人間の病気です。

 

関東での発症報告はまだありませんが、ウイルスを保有しているマダニは確認されているそうです。今までマダニの予防をしていなかった方もこの機会に食べる美味しい薬でしっかり予防しましょう。

 

 SFTSについて詳しくはこちら(国立感染症研究所ホームページ)

  

院長 長岡