抗癌剤による化学療法

1月から始めた抗癌治療が、本日無事に終了となったロコちゃんです。

 

抗癌剤による化学療法は、癌の種類によって様々な方法があります。

 

ロコちゃんはビンクリスチン・シクロホスファミド・ドキソルビシン・プレドニゾロンという薬剤を組み合わせて治療する“多剤併用療法”という治療を選択しました。

 

今日まで、25週間という長い間治療を行ってきました。

抗癌治療は患者様と病院、そしてご家族の協力があって初めて成功するものです。

 

今回の治療を通してロコちゃんと向き合い、かけがえのない毎日を大切に過ごしているご家族の姿がありました。

 

今日という特別な日に写真をお渡ししたいと思って治療の合間に撮影をさせてもらいました。

 

この写真をお渡しした時の飼い主様のリアクションに、私ももらい泣きしてしまいました。

 

治療が終わっても、まだまだこの先考えていかなければいけない事がたくさんあります。でもロコちゃんのご家族なら乗り越えていけると確信しています。

 

院長 長岡